病院紹介

IMS(イムス)グループについて

相原病院では、慢性期医療と透析医療を二本柱に、地域社会のニーズに合った医療サービスを提供。患者様が安心した療養生活を送れるよう、看護職員と介護職員のチームワークを強化し、退院後の生活支援まで専門スタッフが親身に対応しています。また、IMS(イムス)グループの一員として地域密着型の医療に従事し、各関連施設との連携を大切にしながら「愛し愛される病院」を目指しています。

看護部理念

IMS(イムス)グループは関東を中心に、東北、北海道、ハワイに医療施設を展開する医療法人グループです。
急性期から慢性期、訪問看護ステーション、介護施設とさまざまな施設が揃っており、グループ間の連携によって、地域医療の充実に貢献しています。

グループでは全施設のスタッフのレベル統一を図るため、共通の教育プログラムを作成し、地域別研修、本部研修を開催しています。

看護単位

病棟 2単位 2階病棟 66床  療養病棟
3階病棟 60床  一般病棟 (内科・整形外科・透析)
外来(手術室含む) 1単位
透析センター(34床) 1単位

看護方式 看護提供体制

小集団活動の考え方を基本

  1. 患者様中心の看護
  2. 責任と自主性を持った固定チームナーシングにより継続した質の高い看護を提供します。勤務体制は2交代制です。

病院概要

所在地 〒252-0141
神奈川県相模原市緑区相原5-12-5
開設 1987年10月
院長 川村 洋和
看護部長 鈴木 節子
職員数 180名
看護部職員数 110名(看護師・准看護師・介護福祉士・看護助手)
病床数 126床
看護体制 13:1
診療科目 内科・外科・整形外科・人工透析
外来患者数 220名(平均)
看護方式 固定チームナーシング
併設施設 相原訪問看護ステーション
  • お問い合わせ 資料請求 お気軽にお問い合わせください
  • ページの先頭へ