先輩メッセージ

透析室では、日々色んな患者様に出会います。当たり前ですが、透析を受けたいと思っている方は一人もいません。しかし、透析なしには生活できない。それを患者様と共に受け入れていくことから透析看護が始まります。透析は、基本的には一度始めたらずっと続けなくてはいけないため、患者様のモチベーションを高める関わりが求められます。それが何より難しく、同時に看護師としてやりがいを感じる点です。

いま僕は、透析看護認定看護師取得を一つの目標としていますが、10年前には自分がここまで熱意をもって看護師をしていることが想像できませんでした。
そもそも10年前、看護助手だった僕に、付属の看護学校の一期生となるよう勧めてくれたのが看護部長でした。
「勝俣くん、こんなことしている場合じゃないでしょう。看護師になりなさい!」と言ってくれて。あのときの一言がなければ、今でも目標を持てないままに、なんとなく日々を過ごしていたかもしれません。

看護部長のような経験豊富な人から直接学べ、アドバイスをもらえるこの病院の環境はとても恵まれていると思います。

プロフィール

  • お問い合わせ 資料請求 お気軽にお問い合わせください
  • ページの先頭へ