先輩メッセージ

私は、今は亡き自分の祖母が相原病院で大変お世話になった時期があり、10年の会社員生活を経て、看護師を目指しました。最初から「就職するなら相原病院」と決めていました。

看護学生の時は、救急医療を学ぶ時間が長かったのですが、1日が目まぐるしく過ぎていき、やりがいはあまり感じられませんでした。
その点、相原病院は慢性期の患者様が多く、身体的・精神的・社会的援助を常に考えながら行動しますので、患者様とじっくり接することができ、大きなやりがいを感じています。
特に精神的援助は自分が大事にしたいと思う部分であり、家族に近しい関係を築けるよう努力しています。

相原病院には勤続年数が長い看護師も多く、自分の知らない祖母の話を聞くこともあります。
これからも、祖母への孝行の気持ちを忘れず、相原病院で看護師を続けていきたいです。

プロフィール

  • お問い合わせ 資料請求 お気軽にお問い合わせください
  • ページの先頭へ