新人教育

新人ナース年間スケジュール

目的

専門職業人としての能力開発や、個々の役割遂行を高め、看護の質の向上を図る

目標

  • 1.チーム医療の在り方を理解し、自分の役割行動がとれる
  • 2.研修を通して臨床看護実践能力を養う
  • 3.個々の学習ニーズを高め、キャリアアップを支援する

ねらい

【ラダー レベルⅠ】
看護部の理念、役割を理解し、組織人として行動できる基礎的な知識、技術態度を習得し、安全な看護が実践できる
【院内研修】
ラダーに合わせて必修研修と選択研修を受けていきます。
【ブロック研修】
卒後1~3年目の看護師を対象に、必修+単位制の研修プログラムを、個々の必要性に応じて受けていきます。
【本部研修】
入職前から新人看護師をサポートしていきます。
【外部研修】
看護協会の研修など当院が認めた研修であれば、勤務扱いで受けることが出来ます。
  院内(★印は看護師全体の研修) ブロック 本部
4月 ●ポジショニング
●体位変換
●トランス
●清潔と更衣
●酸素
●バイタルサイン
●吸引
●経管栄養
●点滴管理
●血糖測定
●看護記録
●情報のとり方
●医療機器の取り扱い
●シャント管理
●清潔援助技術
●排泄援助技術
●活動と休息援助技術
●呼吸循環を整える技術
●入職前研修(3月末)
●接遇研修
5月 ●清潔操作 ●褥瘡スキンケア  
6月 ●テシオ・CV管理
●3ヵ月フォローアップ
●KYT(危険予知トレーニング)
●フィジカルアセスメント 1
●多重課題 1
●救急看護
7月 ●輸液ポンプの取り扱い ●看護記録
●心電図
●ストレスケア
●摂食嚥下障害
 
8月     ●ほっとライン面談
9月 ●看取りの看護・エンゼルケア
●6ヵ月フォローアップ
●認知症看護 1年目フォローアップ
10月 ●急変時の対応 ●高齢者支援
●フィジカルアセスメント 2
●精神科看護(せん妄)
●心のケア
●こころの健康づくり
11月 ●フィジカルアセスメント ●慢性腎不全(透析)  
12月 ●心電図モニターの見方 ●多重課題 2
●認知症看護(事例検討)
●回復期リハビリ(脳血管疾患)
 
1月   ●血液ガスデータの見方
●脳外科疾患と看護の理解
 
2月 ●事例の学び(ナラティブに看護を語る)    
3月 ●12カ月フォローアップ ●ケース発表会  

プリセプター制度

研修を受けた3年目以上の先輩看護師が、マンツーマンで日常業務を一緒にしながら基礎的な知識や技術を指導。さらに不安や悩みなど精神面でのサポートもしてくれます。

基礎看護をしっかりと身につける

当院の教育方針は、まず基礎技術を固めること。新人さんは技術がないと自信が持てないので、はじめに技術を学んでから、根拠に基づいた看護へとステップアップしていただきます。
新卒者は「入職オリエンテーション」の後、約1か月に渡る「カルガモ研修」を受講。プリセプターの先輩の1日に密着し、仕事ぶりを見学しながら自分の働くイメージを膨らませていきます。
その後は卒後教育計画に沿って、プリセプターシップと集合教育で基礎を固める流れ。IMSグループでは、2年間で一人前の看護師になれるように卒後教育を設定しています。

  • お問い合わせ 資料請求 お気軽にお問い合わせください
  • ページの先頭へ